ランセオラータ綴化というサボテンを育ててい

Writer: admin Type: arte Date: 2019-01-10 00:00
ランセオラータ綴化というサボテンを育てています。冬の寒い時期の育て方が詳しく知りたいです。加えて、今から年末年始になり、帰省の関係で家を長期であけてしまいます。天気や気温などによって違うとは思いますが、ベランダか室内どちらに置いておく方がよいのでしょうか。現在は一人暮らしで窓は東向きなので、晴れた日に外にサボテンを出していても明るい日光を浴びることができるのは午前中が限界です。少しでもサボテンにとっていい環境にできたらと思うので、ご存知の方いらっしゃればよろしくお願いします。###サボテンのほとんどの種類は凍ったり霜に当たると枯れてしまいます。なので、留守にする際は室内に取りこんだ方が安全です。お住まいの地域がどんな気候なのかわかりませんが、窓際に置けばことさら外に出して日光浴させる必要はないのじゃないでしょうか。取り込み忘れると凍らせてしまう危険があるので。長い間低温に晒すのも傷むので良くないと思います。ランセオラータの綴化は清海波とも言います。ウチワサボテンは丈夫で寒さにも強く育てやすい種類が多いです。サボテンの冬の管理。https://www.copiapoa.jp/blog/2015/01/20/166画像は麗刺玉と言う種類ですが、アンデス山脈の標高2000m以上のところに自生しているのを写しました。平地でも零下6~7度になる地帯なので、たぶん零下15度以下に下がると思いますし、雪も積もるところです。日本で育ったサボテンでは考えられないことですね。とても生きていける気温ではありません。###丁寧な回答ありがとうございます。室内の比較的日光があたるところに置いておきました。本当にありがとうございました。

 

TAG