何年も使ってないvistaをインターネットに繋げよ

Writer: admin Type: arte Date: 2019-01-14 00:00
何年も使ってないvistaをインターネットに繋げようとしましたが繋がりません。vistaを無料OSで活用できると聞きましたがインターネットに繋がってないのに無料OSのダウンロードはできませんよね?この点素人のためわかりません。共感した0###ブラウザが古すぎるだけです。slimjetをインストールしてください。https://www.slimjet.com/jp/ナイス0
###ご回答ありがとうございます。インターネットに繋がらないのにslimjetをインストールできますか?
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###Vistaを活用できるのではなくVistaは捨てて、PC自体だけは無料配布されているOSで活用できる場合があります。ただし、すべてのPCで動くわけではありませんし部分的にうまく動かない機能もあればうまく設定しなければ使えないものもありえます。正確な型番を確認した上で、下調べする必要があります。Vista時代のPCであれば、たいていはLinux系OSが動きますし32bit版Vista搭載でも、実際は64bit OSにも対応しているものが多く64bit版のLinux系OSを試してみて、うまく動けば最新のFirefoxやGoogle Chromeを使うことができます。代表的な無料のOSはオープンソースソフトウェア(OSS)を中心として開発されているLinux系OSで1990年頃のヘルシンキ大学の学生が作り始めたLinuxカーネルを核としています。もともと、UNIXを模倣して発展してきたためLinux系OSの主流はUNIXのGUI環境を継承して発展してきたものです。UNIXは、Microsoft社やApple社が無かった時代からあったOSですが最初のUNIXも無料配布で広まりましたし、その手法を明文化し現在は、オープンソースソフトウェアのためのライセンスも整備されています。それによって、OSSの文化は広がりOSSとして開発されているFirefoxやGIMPなどはWindowsやmacOSで使っている人もいますしそういったソフトだけに限っていえばLinux系OSでも、Windowsなどと同等に使うことができます。そのOSSのライセンスによって、すべての開発者と利用者が自由な利用と再配布を利用できるため、OSSは無料配布されながら無料であるための制限は、ほとんど受けません。そういうわけで、誰かが作ったLinux系OSのインストールディスクをもらって使い回すことも自由ですし…とりたててロイヤリティーを支払う必要もないので雑誌や書籍の付録として、インストールディスクが付くこともあります。現在では、雑誌付録としてはめずらしくなっているので知人宅で作ってもらったり、ネットカフェなどで作成するのが定番じゃないかと思います。正確には、Linuxカーネルなどに適用されているGPLでは、ソフトウェアの配布にソースコードを要求された場合に、入手方法を提供する必要があります。とはいえ、そうむずかしいものではなく、配布や譲渡をする場合には「OSの開発元のウェブサイトのURLを伝えればOK」という感じになっています。実際のOSの選択には、UNIXを継承した典型的なものとスマートフォンなどを前提にしたAndroidやシンクライアント志向のChromeのOSS版もあったりしますが…いわゆるパソコン的なマルチウィンドウマルチタスクの環境としては定型的なLinux系OSのほうから選ぶのが定番です。4,5系統に、100を超える派生を広げてきたLinux系OSですから選択肢が多いだけでなく、混乱を招く部分もあります。Vista時代のPCの大半はデュアルコアCPUを搭載していてそこそこの性能がありますが、最新のPCを前提に開発されているUbuntuなどより古いPCを想定し、軽量化されているXubuntu18.04LTSあたりのほうがVistaよりもメモリー消費が少なく、より短時間で起動して、楽になるはずです。もっと軽量のOSもありますが、機能を限定して軽量化されることによって操作がわかりにくくなる部分もありますしマイナーなOSほど、関連した情報が…特に日本語情報が限られるので安易に、軽量ばかりを追求しても、初心者には持て余すかもしれません。ナイス0

 

TAG