フラットベンチで行うトライセプスエクステン

Writer: admin Type: arte Date: 2019-01-06 00:00
フラットベンチで行うトライセプスエクステンションと比較して、インクラインベンチで行うトライセプスエクステンションのメリットは何かあるのでしょうか?ジム等でインクラインベンチを使用してトライセプスエクステンション、スカルクラッシャーをしている人をたまに見かけますがなにかフラットと違いはあるんですか?共感した0###トライセプスエクステンションは、一般的には三頭の中の長頭に有効とされるけど、これを立って(スタンディング)もしくは座って(シーテッド)と、寝て(ライイング)とでは効果に差が出る可能性があります。長頭は、肩甲骨関節下結節にも付着する(背中と繋がってると言える)多関節部位のため、身体に対して肘を高い位置に固定して肘の曲げ伸ばし動作をすると、長頭が予め外側頭や内側頭よりも伸展させられた状態での肘の屈伸になるので、長頭により負荷が入ることになります。なので、この主旨からは、肘を耳に付くぐらいに高い位置に持ってくるスタンディングやシーテッドの方が、ライイングよりも長頭により有効ということになります。ダンベルで行うフレンチプレスが長頭用とされるのもその主旨です。また、ライイングよりも、インクラインベンチを使って適度に角度を持たせたシートに上体を預けた方が、動作中の肘のブレを抑えやすい可能性があります。さらに、トライセプスエクステンションは、肘を伸ばしたとき(伸ばしきったとき)に三頭への負荷が弱まりやすいけど、適度に角度が持たせれていると、その負荷の抜けを抑えやすくもなります。これらの主旨では自分で良さげな角度を見つけてこなせばよいかと。ライイングは、そのトライセプスエクステンションで限界に来たなら、そこで止めず、そのままナローのベンチプレスに移行して三頭を追い込みやすいメリットがあります。###ありがとうございます。意識してやってみます!###私はそのような光景を見たことはありません。 今度、自分でやってみようと思います。ナイス0
###私はないと思いますナイス0

 

TAG