ショパン バラード1番の一番の難関はこの部分

Writer: admin Type: arte Date: 2019-01-06 00:00
ショパン バラード1番の一番の難関はこの部分(写真でいう2小節目からの5連符のとこ)だと思います。ほかの部分はミスなしで弾けます。練習方法を教えて下さい。よろしくお願いいたします。###質問者さんがなぜ弾けないのか私にはわからないので、質問者さんにマッチした練習方法の提案ができません。この部分は自分も苦労したので、ひとまず自分の考え方や練習法を書いておきます。1.運指に問題がある上声のドレドシドのドレドは545という運指しかありません。これ以外の運指で弾いていて練習方法がわからないと言われても私には回答できません。2.下声が弾きにくいドシミシミというパッセージになりますが、ドシ♭を12でレガートに取るのが厳しいのでド・シ♭と切ってしまいます。この部分の上声を分解するとド・レド・シドなので、そもそも切れていると考えられます。ただブツ切れで弾くのは良くないし、少なくとも545から開始すれば上声はレガートに弾けますので、下声は最初のドで切れていいと割り切ります。練習方法はドド(15)→シ♭レ♭(24)→ミド(15)の繰り返しです。上声をレガートで弾くことを心がけます。5連符に至るシ♭→シ♮→ドという半音階を丁寧に聞かせることを意識すると、自然にシ♭→シ♮→ド・レドシドというフレージングになりますので、慌てて5連符を弾く必要はなくなります。いつもこういう質問で良くないと思うのは、弾けない部分だけの質問をされることですね。音楽は流れで聞かせるものなので、前後関係がとても大事です。質問者さんが掲載した楽譜だとシ♭→シ♮→ド~という大きな流れを重視したスラーがついていますから、この流れの表現も重要になります。※技術的な一般論主音から始まるターンは5連符になりますが、5つを一息で弾くのが厳しい場合は、自分は主音+4つという形に分けるようにしています。月光ソナタ第三楽章の第二主題にも同じようにオクターブからのターンのフレーズがありますよね。これも5連符として弾くと大変ですが、1+4に分けて考えるだけでスッと弾けたりします。ナイス1
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###人によって、弾きにくいところは様々ですねぇ。ショパンは、こうあうの多いと思うけど。貴方が、どんな風に弾けなくて困ってるのか分からないので、アドバイスしようがないけれど。左手が6つに右手は5つ、頭だけは合うけど縦は合わない。密集位置で弾いて次は他を開くからね、弾きにくいって言えば弾きにくいけど。5つの方が6つより、やや音長めなんだと思って弾けば?ナイス0
###明確な練習方法というのはないように思います。指使いの徹底と無意識でも指が動くくらいの反復練習としか。演奏の際は、テンポ通りに当てはめようと思わず、不自然にならない範囲で縦の線がはっきり感じられるくらいの速さで弾くのが好ましいと思います。ノンレガートになってはいけませんが、横の線だけで弾くとグニャグニャになってしまう事が多いです。ナイス0
###右が厄介ですね。コーダーはミス無しでしょうか?左は6連符連続なのでそのリズムに合わせて右を弾くと上手く弾けます。Chopin自信が左手が指揮者右が演奏者って言っていました。ナイス0

 

TAG