はじめまして。PICマイコンのCを使った開発環

Writer: admin Type: arte Date: 2019-01-05 00:00
はじめまして。PICマイコンのCを使った開発環境でのプログラミング初学者です。(アセンブリでのPICプログラミング経験はあります。)DM164137 Curiosity Development Boardというデモボードを購入し、マイクロチップ社からダウンロードした、Curiosity Demo Codeを実行してみたいと考えています。対象のPICはPIC16F1508で、ダウンロード、展開したデモコードの中にPIC16F1508_Cur_v355.Xというフォルダがありますので、これを使えばよいかと思いますが、いったいこれをどうしたらよいのか分からず、途方にくれています。Open ProjectからはX IDEに直接読み込めないと思いますし、New ProjectでまずProjectを作ってから、そこにデモコードを取り込むのでしょうか?出来る方から見れば下らない質問かもしれませんが、情報ポインタでも構いません、どなたかお教え下さい。開発環境は、MPLAB X IDE v5.10、コンパイラはXC8 v2.00です。補足ご回答ありがとうございます。マニュアル等を参考に自分で作ったプロジェクト *.Xはマイクロチップ型のアイコンで、File->Open Projectからそのまま開けるのですが、開きたいデモコードはフォルダのアイコンなので、開くことができません。引き続きご教示お願い致します。PIC16F1508_Cur_v355.X\ 以下は次のようになっています。debug\default\Labs\Lab01_HelloWorld\HelloWorld.cLabs\Lab02_Blink\Blink.c・・一部省略・・Labs\Lab09_SleepWakeup\SleepWakeup.cmcc_generated_files\adc.cmcc_generated_files\adc.hmcc_generated_files\device_config.cmcc_generated_files\interrupt_manager.cmcc_generated_files\interrupt_manager.hmcc_generated_files\mcc.cmcc_generated_files\mcc.hmcc_generated_files\pin_manager.cmcc_generated_files\pin_manager.h・・一部省略・・labs.hmain.cPIC16F1508.mc3共感した0###File-Open Project で開くフォルダを指定します参考http://blog.livedoor.jp/mplab/archives/1002464421.htmlナイス0
###MPLAB X v5.10 XC8 v2.0 , C standard C90にてプロジェクト選択、コンパイル可能でした(プロジェクトファイルのアップグレードあり)Memory Summary: Program space used 40Eh ( 1038) of 1000h words ( 25.3%) Data space used 1Dh ( 29) of 100h bytes ( 11.3%) EEPROM space None available Data stack space used 0h ( 0) of E0h bytes ( 0.0%) Configuration bits used 2h ( 2) of 2h words (100.0%) ID Location space used 0h ( 0) of 4h bytes ( 0.0%)make[2]: Leaving directory 'C:/Users/_user_/Downloads/Curiosity Demo Code/Curiosity Demo Code/Curiosity Demo Code/150x/PIC16F1508_Cur_v355.X'make[1]: Leaving directory 'C:/Users/_user_/Downloads/Curiosity Demo Code/Curiosity Demo Code/Curiosity Demo Code/150x/PIC16F1508_Cur_v355.X'BUILD SUCCESSFUL (total time: 29s)Curiosity Demo Code.zip ファイルは解凍してますか?
###MPLAB IDE(Xじゃない旧)ではプロジェクトファイルの拡張子がmcpでした。私は旧MLPAB IDEの時代に簡単なものを開発をしたことがありますが、Xでは変わってるみたいですね。どうやらPIC16F1508_Cur_v355.Xフォルダがプロジェクト本体のようです。http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/MPLABX/MPLABX_us...の既存ソースファイルの取り込み方やhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141469439...が少し参考になると思います。プロジェクトを作成して、ソースファイルを個別に取り込んで使うようです。ナイス0

 

TAG